AKG K240 Studioを平衡化改造する

Audio/Visual
スポンサーリンク

まえがき

今回は、長く使っているヘッドホンであるAKG K240 Studioを改造して平衡化しました。

平衡タイプのヘッドホンアンプなども出てきている今日このごろ。
ヘッドホンの平衡化自体は、SONY CD900STや、比較的改造しやすいAKG K701あたりは定番だと思います。
同じAKGでも、コネクタが直付けとなっているK240シリーズ、K271シリーズの平衡化は珍しいかもしれません。

うちのは現行の K240 mkII のひとつ前、K240sとか略称で呼ばれるK240 STUDIOです。
ヘッドホンというより600型電話機のような趣で、今どきのデザインとは無縁です。
コンシューマではなく、SONY CD900STみたいな位置づけでレコーディングとかモニタ用に位置づけられます。
We are the workdのPVで、皆さんがレコーディング中に旧世代のK240を使っていますので、見たことがある人も多いかもしれません。

私のものは結構使い込んでいて、いつの間にかエンブレムが取れていたりとボロボロです。
AKGは、エンブレムやバンド調整用のゴム紐など部品単位でも購入できます。
自己オーバーホールつもりで分解調査していましたが、意外と追加工なしで平衡化できそうなので改造することにしました。

改造

外観観察


使い込んでくるとよくケーブルの根本がダメになります。
ケーブル直付けのヘッドホンだと、分解して修理しないといけません。
K240 STUDIOは、業務用だけあってコネクタになっており、ケーブルだけ交換できるようになっています。
コネクタ自体はごく普通のミニキャノンですが、よく見るとミニキャノンのオス側と全く同じ構造で、コンタクト部分がハウジングから分離できそうなことがわかります。


サービスマニュアルを見ても、展開図で外れています。
ただし、コンタクト部分ピンポイントでの部品指定はないようです。
イメージとしてわかりやすくするためか、以前は部品指定あったのかな?

分解


このヘッドホンはケーブル片出しなので、コネクタ側を分解します。
私のものはエンブレムが剥がれてしまいましたが、AKG印のエンブレムを剥がすためのスリットがあるので、マイナスドライバ等で剥がします。
あとは、ねじ2本でカバーが外れます。

ちなみに、日本でよく見るタイプのプラスネジではありませんね。
フィリップスの方のプラスネジ、正確にはPozidrivが使用されています。
とりあえず外すだけなら、普通のプラスドライバでも外せます。


開きました。


熱収縮チューブとかを使用せず、むき出しで配線をつないでいるようです。
しかも挟まれていて被覆が溶けてるぞ・・・意外と作りは適当・・・?


こんな感じで接続されています。
やはり目論見通り普通のキャノンと全く同じ構造です。
ハウジングと一体成形ではないため、コンタクト部だけ外れますね。
そもそも、取り付けたままだと白い配線の半田付けが難しいので、はんだ付け後に圧入しているのかもしれません。


今回用意したのは、本家ITT-CANNON版のミニキャノンコネクタ(オス)です。
これがお目当てのコンタクト部です。
肝心のコンタクト部の外観が全く同じっぽく見えますので流用してるのかもしれません。

普通のキャノンはNeutrik派ですが、ミニキャノン5Pはサウンドハウスでも扱いがなく入手難です。
たまたまITT版を持っていましたがビンゴでした。
もっとも、使用するのは4本なのでミニキャノン4Pでも作れますが、アンプ側がキャノンの場合は5Pになるのでお作法に習いました。
狭いところのピン数が増えるので、難易度は上がります。


交換中・・・


交換完了。
配線変更は必要ですが、穴あけとか不可逆な改造ではないのが良いですね。
組み立ててしまうと、コネクタのピン数を見ない限り改造したことがわかりません。

AKG の方はハウジングが窄まっており、圧入に近い形で入っているので取るのにコツがいります。
オリジナル品を元に戻さないのであれば、極端な話マイナスドライバ+トンカチでも取れます。
また、嵌めるときもコツ、というか先が薄く長い精密プライヤーとか、均一に押しこむための小道具が必要です。
多分、作る時や修理時には何らかの治具があるんだと思います。


サービスマニュアルより引用した配線図ですが、元々はGNDが左右共通にしてからコネクタに接続されています。
従って、平衡化には配線が1本追加になります。
微妙に太さが違う黒い線が追加されているのがそれ。
できれば、接続部分は熱収縮チューブで絶縁することが望ましいです。


ちなみに、サービスマニュアルによると、古いK240は最初からミニキャノン5Pで平衡仕様のものがあるようです。
それを売ってくれれば改造しなくてもいいのですが・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました